薬剤師 求人 比較

薬剤師求人比較


薬剤師求人を比較して考える

薬剤師求人がなかなか見つからない?
薬剤師求人サイトの担当者へ相談しても連絡がない?
検索して薬剤師求人を見つけて応募しても・・・?

 

 

 

薬剤師求人の求人が見つからない理由は?

 

インターネット検索して薬剤師求人を見つけて応募しても、応募ができなかったり、薬剤師求人サイトへ登録しても希望する求人が見つからないのはその薬剤師求人サイトの保有している求人が少ないためです。

 

 

とても担当者が優れ能力が高い方でも、求人が見つからなければ求人を得られないということになります。求人保有数の多さは、希望に沿う求人が見けられることが期待できます。

 

 

 

気薬剤師求人サイトの保有求人数が多ければ、それだけ多くの医療機関との信頼関係があるということも意味します。求人数がすべてではないのですが、一つの目安として参考にしてください。

 

 

 

 

薬剤師求人比較

 

日本調剤ファルマスタッフ 約57,000件以上

求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートをしてくれます。

 

>>>ファルマスタッフ 詳しくはこちら

 

求人数 対応エリア 評価
約57,845件以上 全国 薬剤師,求人,比較

 

 

 

薬剤師ではたらこ 約50,000件以上

薬剤師一人ひとりのキャリアをしっかり考え、転職をお手伝いできるよう、人数を限定してサービスを行なっています。

 

>>>薬剤師ではたらこ 詳しくはこちら<<<

 

求人数 対応エリア 評価
約51,000件以上 全国 薬剤師,求人,比較

 

 

【薬キャリ】 約41,000件以上


エムスリーキャリア【薬キャリ】はソニーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門の転職サイトです。

 

>>>【薬キャリ】 詳しくはこちら

 

求人数 対応エリア 評価
約41,000件以上 全国 薬剤師,求人,比較

 

 

 

マイナビ薬剤師 約40,000件以上
リクナビ薬剤師 約35,000件以上
メドフィット薬剤師 約30,000以上
薬剤師のお仕事 約20,000件以上
薬剤師転職ドットコム 約20,000件以上
転職ゴリ薬 約15,000件以上
ファーマージョブ 非公開
MC─薬剤師のお仕事 非公開

 

 

薬剤師として転職は有利ですが

 

薬剤師は売り手市場のため求人は多い

 

薬剤師の仕事は、基本的に時代を問わずに売り手市場といわれています。

 

 

 

 

それは、人間が存在し、病気が存在している以上、薬が常に必要となるからです。

 

そういう意味において、薬剤師の仕事というのは、常に転職に強い仕事とされています。

 

 

 

 

薬剤師が現状を変えるための転職では?

 

とはいえ、満足のいく仕事についている人がどれくらいいるのかというサーベイにおいては、現状から何かを変えたいという人が圧倒的に多いという現実があります。

 

 

 

 

 

では、これらの転職予備軍が、満足できる転職を遂げるためにはどのようにしたらよいのでしょうか?

 

 

 

 

満足、納得のための薬剤師の転職のために

 

それには、まず、薬剤師の仕事に特化したエージェントに登録し、

 

そこから紹介を受けるという方法が一番確実です。

 

 

 

 

何故ならば、とても専門性の高い仕事である以上、その専門のエージェントでなければ、クライアントの要望をつぶさに理解してもらうことが難しいからです。

 

 

 

 

また、自分自身がどのような仕事の価値観を持っているのかということも明確にしておきたいものです。

 

 

 

 

何故ならば、この資格を持っていることによって、正社員だけでなく、パートやアルバイト、契約社員というようないろいろな雇用形態の選択が可能となるからです。

 

 

 

しかも、どの雇用形態であっても、収入が安定しているというメリットがあるのです。

 

 

 

 

たとえば、自分の人生を優先したい場合には、フルタイムで働くというよりも、家の近所で短時間働く雇用形態が望ましい場合もあるでしょう。

 

 

 

 

どのような価値観で働くかによって、どの雇用形態で働くことがよいのかが決められます。

 

薬剤師が契約社員として転職する前に

 

薬剤師が契約社員として

 

薬剤師が転職する前に、知っておくべきことがあります。一番重要なことは、なんといっても雇用形態が自分の望むものであるかです。

 

 

 

 

これは一般のサラリーマンが転職するのにも通ずる当たり前なことなのですが、非常に大切なことです。

 

 

 

 

当然ながら、正社員とアルバイト・パート、契約社員のそれぞれの雇用の内容は全く異なります。

 

 

 

 

ちゃんとした固定給で退職するまで長期に働く気でいるなら正社員を、

 

ちょっとした腰掛け程度に現在をしのぐ形態ならパートやアルバイトを、

 

月の歩合を大きくもらって社会福祉や税金、退職金対策を自分でするなら契約社員を、

 

といった感じで分けて考えます。

 

 

 

 

契約社員は自分個人対企業との契約で成り立つ雇用形態です。

 

ですから、契約期間というものが発生します。

 

 

 

 

この期間はケースバイケースで、その企業と自分との間で決まる期間です。1年の方もいれば3年や5年、そうかと思えば1か月、といった方もいます。

 

 

 

 

 

この契約期間が満了するまでに企業と話し合って、終了するか継続するかを決めることができます。継続するなら更新することになります。

 

 

 

 

 

正社員よりは気分的に自由度がありそうですが、全くのバックアップがない

 

個人事業主のような立場ですので、継続して同じところに勤務する気があるなら、

 

それなりに緊張感と責任感を持って仕事に従事するほうがメリットがあります。

 

 

 

 

薬剤師としても、経験を重ねるにはうってつけの雇用形態であるといえます。ご家庭の事情によって働きたい方で、ちょっと収入を大めにもらいたい方には適切なタイプです。

 

 

意外に知られていない!薬剤師の転職には派遣社員の選択肢もある

 

派遣という働き方もある

 

派遣社員というとオフィスワーク系や製造工場などで働く人をイメージされ、専門資格を有している薬剤師とは無関係と思われている方が少なくありません。

 

 

 

ですが、現在は様々な業種や職場で派遣という雇用形態が活用されており、薬剤師も例外ではないのです。

 

 


 

 

 

この雇用形態で働くことのメリットは、いくつか考えられます。

 

 

 

 

たとえば、将来の進路に悩んでいる方、どの分野が自分に合っているのか分からないという方がいたとしましょう。

 

 

 

病院で働く、調剤薬局やドラッグストアで働く、製薬会社で働くなど様々な選択肢があり、それぞれ仕事内容も役割も違ってきます。

 

 

 

 

そうしたときに、数か月単位の短期間から働ける派遣社員として、興味のある職場に派遣してもらい、実際に仕事や職場を経験することが可能となります。

 

 

 

 

いくつかの職場を見て、自分の適性を探してから正社員等で働くのでも遅くはありません。

 

 

 

 

また、派遣社員のメリットとして働く職場や場所はもちろん、働く期間や曜日、時間帯などが選べることが挙げられます。

 

 

 

 

必ずしもフルタイムの求人ばかりではなく、短時間勤務や働く曜日が限定されたり、働く日数が選べる求人もあるのです。

 

 

 

 

また、1ヵ月程度の短期から、3ヶ月ごとに更新する長期契約まで多彩です。

 

 

 

たとえば、結婚して仕事の量を抑えたい方や、育児と両立させながら働きたいというニーズがある場合には、正社員からの転職も考えてみるといいのではないでしょうか。

 

 

 

 

ワークアンドライフバランスの充実が図れる、雇用形態といえるでしょう。

 

 

 

いずれにしても求人情報を得るには、薬剤師求人サイトの利用がおすすめです。特に、求人数が豊富なサイトの利用がおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる