薬剤師 OTC

薬剤師のOTCの仕事は


薬剤師のOTCの仕事は

メニュー

 

OTC医薬品は、薬局、ドラックストアで販売されていますが、これからはセルフメディケーションの時代とも言われています。これからドラックストアでのOTC販売の薬剤師の求人が増えてくることは予想されます。

 

 

 

ますます自分自身で体調を管理することが重視されることになるでしょう。そのためOTC医薬品を消費者は、上手に利用できるように、薬剤師のアドバイスが必要になります。

 

 

 

 

OTC販売(ドラックストア)での薬剤師の役割は

 

主にOTC販売(ドラックストア)での薬剤師の役割が大きくなることが伺えます。OTCと調剤の経験を積み重ねることで、将来の展望が違ってくることでしょう。

 

 

 

 

OTC販売では、医薬品に関する質問に答えたり、適切な医薬品を紹介することになります。場合によっては、お客様の体質や薬の薬効などから希望の医薬品と違った医薬品を勧めることもあります。

 

 

 

 

基本的には販売の仕事ともなりますので、接客力が求められ、売り上げアップや利益率向上にも責任を持つことにもなります。さらにクレーム対応も行うことになります。

 

 

 

 

 

薬剤師がOTC販売は売り上げ管理まで?

 

OTC販売(ドラックストア)では、薬剤師を店長として雇われることも少なくありません。そして、アルバイト、スフト、売上、コスト管理、仕入れ、発注などが仕事になります。薬剤師としてだけではなく店舗の運営に関わる全てに責任を持って仕事をすることになることもあります。

 

 

 

 

もしくは店長候補ではなく、販売のみの派遣やパート、未経験者歓迎求人などの薬剤師の求人もあり復職に適した職場もあります。

 

 

 

 

 

薬剤師のOTC販売(ドラックストア)の経験と転職

 

薬剤師のOTC販売で(ドラックストア)の転職は、比較的転職しやすい状況です。しかしドラックストア⇒病院などとキャリアチェンジは簡単ではありません。収入面で言えば、大手企業が運営する店舗の場合、経験によっては年収700万とか、派遣やパートでの高額時給3500円となる場合もあります。

 

 

 

 

OTC販売での薬剤師は、応募先企業によって全然違ってきます。業績の良い会社が運営している場合には高額な収入になると期待できますが、反面、それだけ仕事では厳しさはあると考えられます。

 

 

 

 

 

薬剤師のOTC販売の経験は?

 

薬剤師がOTC販売(ドラックストア)で働き方によっては将来の可能性を開くことになることもあります。薬剤師が店長としてOTC販売(ドラックストア)の経験を積むことで、流通アドバイザー、商品開発アドバイザー、販売戦略や商品開発の専門化として独立という道も開くこともできるのです。

 

 

 

 

薬剤師求人サイトの利用

 

 

求人を探す際に、職場の様子や状況などをしっかり調べて、求人を探しましょう。そのためにも薬剤師求人サイトを利用すれば、担当者が求人先について調べてくれます。また、非公開求人が豊富で質の高い求人を得ることもできます。

 

 

▲画面のTOPへ

 

薬剤師がOTCへ転職する場合に利用したいサイトは?

 

薬剤師が転職する場合に、OTCの求人保有数が多いことと、今までの実績・評判を合わせて良いサイトを選ぶべきです。

 

 

 

OTC求人保有数比較

 

サイト名

OTC求人数比較

マイナビ薬剤師

7536件

ファルマスタッフ

6361件

薬キャリ

4289件

リクナビ薬剤師

1821件

メドフィット 薬剤師

414件

転職ゴリ薬

227件

薬剤師ではたらこ

175件

ヤクステ

25件

 

 

 

薬剤師がOTC販売へ転職で利用したいおすすめのサイトは?

 

 

マイナビ薬剤師

 

 

OTC求人保有数4650件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

ファルマスタッフ

 

 

OTC求人保有数3896件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

 

薬キャリ

 

 

OTC求人保有数3896件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

 

 

薬剤師が転職でOTC販売をお考えならば、OTC販売に強みのある薬剤師求人サイトの利用がおすすめです。おすすめは、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリになります。

 

 

 

この3社は、保有求人数が多く(各サイト上で確認できる求人数2015年調査時)条件の良い求人を見つけやすいと期待できるサイトと思います。

 

 

 

サイト上での求人(公開求人)が多ければ、それだけ多くの施設とのネットワークがあることを意味していますので、非公開求人の提案を受けられることが期待できます。

 

 

まずは、薬剤師求人サイトへ登録をし、担当者に希望や要望を伝えてみましょう。担当者から質の良い非公開求人を得られることが期待できると思います。

 

 

▲画面のTOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる