薬剤師 履歴書

薬剤師の履歴書で大切なこととは?


薬剤師にとっての履歴書

メニュー

 

薬剤師にとっての履歴書は就職・転職において重要な書類になります。

 

 

 

特に転職ともなると、その経歴は採用条件に大きく影響してくることでしょう。

 

 

 

例えば、今までどこで働いていたのか、薬剤師免許のほかに取得している認定書や
資格があるかなどがポイントになってきます。

 

 

 

 

ただ、誇れるほどの経歴がないという人もいるでしょうが、どのような経歴であれ
変えられるものではないので、自分が持っているもので勝負しなくてはなりません。

 

 

 

 

そこで大切なのが自己アピールですね。

新卒なら夢を語るものありですが、転職ともなればそういうわけにはいかないでしょう。

 

参考にしたいサイト⇒ http://www.nurse-kyujin-tensyoku.com/jikopr/ 
(看護師係の転職についてですが自己アピールの作成には参考になりますよ。)

 

 

この職場でなくてはならない理由があるというのならそれが一番いいんですが、実際のところは、通いやすい場所だった、給料がよかったなど就業条件で選んでいったというのが現実です。

 

 

 

 

しかし、そんなことを書けるわけありません。

 

 

 

悩みに悩んでぎっしり書いたアピールポイントでも、突き詰めてみれば内容が薄かったり、
抽象的だったりして、面接官に良い印象を残すことが難しいケースが多々あります。

 

 

 

 

そこで重要なのは、経験者としての即戦力のアピールです。

例えば、病院勤務で特定の分野の功績がある場合は、そこをアピールできます。

 

 

 

 

 

ただし、転職する先の企業が必ずしもその能力を求めているとは限りません。

 

 

 

職種によって求められる能力や功績は異なるため、職種ごとに事前収集をして、
必要なスキルと経営理念を確認することが大切です。

 

 

 

 

 

アドバイスを受けたい方は、薬剤師求人サイトの利用がおすすめです。
利用するには簡単な登録が必要になりますが、登録後に担当者より連絡があります。

 

担当者にアドバイスをしてもらうと良いでしょう。

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師の転職の際の履歴書の書き方

 

薬剤師で転職を考えている方は、

 

希望の応募先が見つかればすぐにでも履歴書を作成しなければなりません。

 

 

 

 

履歴書というのは、面接につなげるための第一関門です。

 

ここを突破しなければ、転職の道は開けません。

 

そのため、丁寧に仕上げることが必要です。

 

 

 

 

そこで今回は履歴書の書き方について考えていくことにしましょう。

 

履歴書の内容によって、人事担当は皆さんの性格や人物を判断します。

 

 

 

 

 

書面で判断されるのは納得がいかないところですが、それが通例です。

 

書類の中でどれだけ自分をPRし、この人物に会ってみたいと思わせるかが大切です。

 

 

 

 

そのため、誠実な面が良く伝わるように書くようにしましょう。

 

まずは、清書から始めずに別の用紙に下書きをしてまとめておくと良いです。

 

 

 

 

話がまとまってから清書をしましょう。

 

まず、学歴は、中学校の卒業年から書き込みます。

 

 

 

 

その他高校や大学などの最終学歴までを正式な学校名で記入していきましょう。

 

また、職歴は会社名をしっかり記入し、既に退職している会社がある場合は、退職年も記入します。

 

 

 

 

 

もし自己都合で退職したケースは、一身上の都合により退職と記入し、会社の都合で退職せざるを得なかったケースでは、会社都合により退職と記入するようにしましょう。

 

 

 

免許・資格の欄には薬剤師の資格取得年月を誤りなく記入します。

 

 

 

 

その他にも認定薬剤師などのように仕事に役立てそうな免許を取得している場合は同時に記入しアピールすると良いです。

 

 

 

 

そして肝心の志望動機は、その応募先の病院や薬局などの情報をホームページなどで調べ、自分が感銘を受けた点やどういった点に魅力を感じてそこで働きたいと思ったかをしっかりつづると良いでしょう。

 

 

 

面接の際も志望動機は再度尋ねられるケースがあるので、履歴書に書いた志望動機をしっかり覚えておくとよいでしょう。

 

 

是非この人に会ってみたいと思わせるような履歴書に仕上げてください。

 

▲画面のTOPへ

 

履歴書の綺麗に仕上げるためには

 

履歴書・職務経歴書を印象良く見せる

 

 

履歴書を書く場合に、パソコンでも手書きでも綺麗に見えるように工夫することです。
パソコンなら明朝体を使い文字の太さを太い、中、細いと使い分けると綺麗に見えます。

 

 

 

手書きならペンの太さを7mm、5mm、3mmを用意します。名前は一番太い文字にします。
その他は、バランスを考え書いていきます。例えば電話番号やEメールアドレス、ふりがなは一番細くします。

 

 

 

 

 

 

 

NGな書き方は?

 

NGな書き方は、名前にゴシックを利用したり、違った書体を利用してしまうと綺麗に仕上がりません。(PCの画面上は綺麗に見えたりしますが印刷をすると一目瞭然です)

 

 

 

 

 

 

 

書体が違うことでも印象が違ってきます。同じ書体を使わな場合違和感があります。(PCの画面上は綺麗に見えたりしますが印刷をすると一目瞭然です)

 

 

 

手書きの場合は、あてはまりませんが太字で書くところ、中、細字で書くところのバランスは大切にしましょう。

 

 

 

 

 

顔写真からの印象

 

顔写真の印象も大きなアピールになります。
例えば、難関であるアナウーサーが提出する履歴書用の写真は、プロのカメラマンに依頼するほどです。

 

 

 

 

メイクアップをして、写真の背景、照明を明るくし、表情は軽い笑顔を作り撮影します。
ここまでこだわる必要はないと思われますが、リクルートスーツ、背景はなるべく白。

 

目線は真っ直ぐに写し、軽い笑顔がベターです。

 

 

 

 

人気の求人や採用率が低い求人への応募の場合には、
インスタント写真ではなく、写真館で写すことがおすすめです。

 

(PCの画面上は綺麗に見えたりしますが印刷をすると一目瞭然です)

 

 

 

 

履歴書・経歴書作成で添削してもらいましょう

 

一度印刷をした履歴書を第三者にチェックしてもらうことがおすすめです。
自分では気づかない点が見えてきたりします。

 

 

 

おすすめは、薬剤師求人サイトの利用です。転職のプロである担当者がサポートをしてくれますので履歴書・経歴書の作成方法や書いた履歴書・経歴書の添削をしてくれます。

 

▲画面のTOPへ

 

 

おすすめ薬剤師求人サイトは?

マイナビ薬剤師


多くの方に評価され、2年連続にて、満足度No.1に選ばれています。

1.たくさんの求人の紹介
2.希望にぴったりの求人の紹介
3.相談に関する親身な応対




ファルマスタッフ


求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートいてくれます。薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績があります!




薬キャリ


業界最大級!3万件以上の求人情報数、薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応!




薬剤師転職ドットコム


薬剤師転職ドットコムは、一人一人の「納得」を判断基準にしています。ミスマッチがないかどうか、心から「納得」をして働けることを一番に考えてくれます。



リクナビ薬剤師


リクナビ薬剤師は、リクルートグループが運営する薬剤師専門の薬剤師求人サイトです。全国の求人数は35,000件以上を保有しています。






薬剤師の転職で成功したいなら知っておきたいことがあります!

まずはクリック↓ ↓


当サイトのランキングは、求人数や口コミ・評判などから管理人が良いと思われるものをランキング形式で紹介しています。ご了承ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる