薬剤師 調剤薬局

薬剤師が調剤薬局で働くなら


薬剤師が調剤薬局で働くって?

メニュー

 

 

調剤を行う薬局のことを「保険薬局」とび多くの方が「薬局」としてイメージするのはこの「保険薬局」のことで調剤薬局では、“調剤業務”“服薬指導”“薬歴管理”の3点が主な業務内容になります。この3点について責任を持って薬剤師が業務を進めます。

  • 調剤業務
  • 服薬指導
  • 薬歴管理

 

 

 

 

 

薬剤師の調剤業務は

 

薬剤師の調剤薬局は、早朝ミーティング・開局から始まり最も多くの患者さまが来局する時間帯へ突入をします。ピークが過ぎたら事務処理などの作業を行うとことや在庫管理なども行ないます。

 

 

 

 

調剤薬局での薬剤師の一番大切な仕事は、処方箋にもとづいて調剤を行うことです。しかし「ただ調剤して、処方を行う」だけではありません。患者が安全に薬を服用できるようにすることが、本当に大切なことなのです。

 

 

 

 

例えば、患者によってはアレルギーをもっているかたがいらっしゃるかもしれません。また薬の内容によっては副作用を生じる可能性もあります。患者のこれまでの体験や、他の病院から処方されて服用を行っている薬なども確認することが求められます。

 

 

 

 

患者にとって何らかのリスクが内在している場合には、処方された医師へ確認したり、場合によっては処方の変更を求めることもあります。

 

 

 

 

 

薬剤師の服薬指導・薬歴管理

 

薬剤師は薬の正しい服用の方法や、薬の保管方法、効用などを細かく説明することも必要になります。調剤薬局の薬剤師には、薬に関する知識の他にも、患者に対するコミュニケーション能力も必要になってくるのです。

 

 

 

 

 

 

薬剤師の調剤薬局の求人は

 

求人の状況は、年齢層は幅広い方を対象に多くの求人募集が出ています。薬剤師の働きやすさを考えるなら、病院と調剤薬局を比べると給料の良さや仕事とプライベートを両立させたいという場合、圧倒的に調剤薬局になります。

 

 

やりがいを求めている方は、病院となります。病院から調剤薬局への転職はそう難しくはないのですが、調剤薬局から病院への転職は難しいという状況です。

 

 

 

 

 

薬剤師の調剤薬局の年収は

 

調剤薬局で働く薬剤師の年収は、一般的には350万円〜600万円と言われていて幅があります。管理薬剤師となれば年収500万を超えてくるようです。

 

 

 

ドラックストアの年収と比べれば、年収で100万〜200万ほど低くなり、店長クラスで年収700万前後となります。ドラッグストアは法的には、薬局としての許可をもって行っているところ、もしくは、店舗販売業の許可をもってるところがあります。

 

 

 

このような店舗販売業務があるドラックストアのほうが比較的に年収は高くなる傾向があるようです。その理由は薬以外の商品の販売ができることもあり年収は有利になると思われます。その分多くの業務をこなす必要があると言えます。

 

 

 

 

 

 

 

薬剤師が調剤薬局へ転職するなら

 

薬剤師が転職をするなら薬剤師求人サイトの利用がおすすめです。薬剤師求人サイトには非公開求人をはじめ、多くの魅力的な求人が集まってきます。また担当のコンサルタントと相談することもできますので、安心してあなたの希望をかなえる求人先を探し出すことができます。

 

まずは薬剤師求人サイトをチェックしてください。

 

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

今までの自分を見直したい薬剤師の転職

 

薬剤師の理想的な働き方のために

 

 

今まで薬剤師と働いていたものの、もう少し自分の理想な働き方があったりするときには、転職を考える方もいるでしょう。今度転職をする場所では、できれば長く続けながら仕事をしていきたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

そのようなときには、まず面接や書類を出す前にもどういった会社なのか見ましょう。

 

 

自分の理想に近い職場なのか、長く働けるような環境や待遇がある会社なのかも、自分なりに見分けることも大切です。そして、どこかに出向いて調べてみてもいいのですが、家でもじっくり求人を探したいときには、インターネットの求人情報のサイトを見るのがいいです。

 

 

 

 

どんな時間帯でも気軽に見ることができますし、こういった薬剤師などは専門的に募集を行っているサイトもあるので、このようなサイトに良い求人がきたときに、メールアドレスや簡単な個人情報を登録しておき教えてもらうのもひとつの方法でしょう。

 

 

 

 

そして、サイトやどこかの情報を教えてくれる場所に行き、良い求人が決まったときには、うそなどをつかずに職歴を書くことも大切です。転職をしているということは何か理由もありますし、回数も1回目ではなく何回目かの場合もありますが、ここで良く見せようとうそを書いてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

ありのままに自分のことを面接では話をした方が、相手の面接官にも誠実な正直な人だと感じられます。逆に就職が決まったあとに見つかっては大変ですので、そこは正直にいきましょう。

 

薬剤師の仕事をしていて新しい職場に移って成功している方も多くいます。

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

調剤薬局へ転職するために利用したいサイトは?

 

調剤薬局へ転職したいなら調剤薬局に強みのあるサイトを利用することがおすすめです。

 

そこで各サイトの調剤薬局の求人保有数を調べてみました。

 

 

 

調剤薬局求人保有数比較

 

 

ファルマスタッフ

 

調剤薬局求人数47341件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

 

リクナビ薬剤師

 

調剤薬局求人数27810件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

 

マイナビ薬剤師

 

調剤薬局求人数24849件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

 

の他薬剤師求人サイト調剤薬局求人数比較

 

サイト名

調剤薬局求人数比較

薬キャリ

21837件

薬剤師転職ドットコム

20840件

転職ゴリ薬

18455件

ヤクステ

4275件

MCファーマネット

940件

ファーマージョブ

168件

 

 

 

調剤薬局へ転職するために利用したいサイトは、ファルマスタッフ、リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師が保有求人数も多くおすすめのサイトと言えます。

 

その他のサイトでも20,000件前後の求人数のサイトであれば比較的求人が豊富といえますので、利用することもありだと思います。

 

 

 

▲画面のTOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる